3月17日東京農サロンを開催します / 小松菜14トン廃棄!?コロナ危機をプラスに転じた秘策とは?

赤坂見附にある東京農村で、東京農業の繋がりをつくってきた「東京農サロン」

東京農業のこれからをもっとワクワクする場に。東京農業のこれからを一緒に考えるイベントです。  

今回は、江戸川区で小松菜農家を営んでいる、小原さんと門倉さんに登壇していただきます。取引先がコロナの影響で注文が激減し、栽培した14トンもの小松菜が廃棄の危機に。そんな超絶危機的な状況の中、小原さんと門倉さんたちは、様々なアイデアと行動力で、なんと売上をプラスにしています。コロナ禍でできることを最大限に発揮するそのアイデアと行動とは。お二人の活動を深掘りしながら、これからの農業の可能性ついてお話ししたいと思います。

【ゲスト】

小原英行(コハラ ヒデユキ)さん

東京都江戸川区の小松菜農家。耕作面積2.5反。 1978年生まれ、東京農業大学卒業後、バイトで自転車便T-servと稼業の農業の兼業で2年過ごし そこから、専業農家へ。当時は築地市場への出荷が100%だったが、その後ネット環境含め 周辺環境が変わっていくにつれ、2005年頃から個人販売や飲食店、学校給食への販路拡大を意識する。 価格決定権がゼロ、もしくはほぼない市場出荷に対し自分の農産物の価格を自分で決めるという 道にすすむ。その中でも大きく伸びたのは学校給食のマーケットで約10年かけて徐々に 学校給食への出荷が伸び、12年目で学校給食含む契約栽培100%になる。 現在は学校給食に月間2.5トン~3トンの出荷を中心とし、マーケットにおけるシェアと斬新な発展性を生み出すため 門倉農園と業務提携しつつ、小さな力で大きな富を安定して得るための経営を日々模索中である。

門倉周史さん (カドクラ シュウジ)さん

1984年生 大学卒業後門倉農園に就農。 10年前位からより門倉農園の小松菜をブランド化するため三越、伊勢丹、高島屋、成城石井、紀ノ国屋にFGで小松菜を納めはじめた。 3年前より学校給食をスタートし、3年で1ヶ月3トンのオーダーに成長。 FG、学校給食、飲食店などで、1ヶ月で約4トン納めている。  現在100%契約農家として小規模な農地で安定と利益につながる事をより求め続けるため3年前より小原農園と提携。 

【参加費】1000円

お申し込みはpeatixから。  こちらからお申し込みください。

【スケジュール】

 3月17日(水)

17時30分~ 開会 参加者紹介

17時45分~ 小原さん 門倉さんのお話 『小松菜14トン廃棄!?コロナ危機をプラスに転じた秘策とは?』

18時15分~ 質疑応答

18時45分  終了予定

【主催】 

株式会社農天気、一般社団法人MURA ・協賛 株式会社シフラ、マイナビ農業、国分寺中村農園、株式会社エマリコくにたち

コメントする