REIWA 47キャラバン#47 東京千秋楽

3月13日(土曜)に東京農村1FSCOPと5FRootキッチンにてREIWA 47キャラバン#47 東京千秋楽が行われます。

▼REIWA 47キャラバンとは▼ 

東日本大震災の現場で目にした「生産者と消費者のつながり」を日本中に広げるべく、CtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」を立ち上げた高橋。Withコロナ時代が到来し、3.11から10年が経とうとしている今、生産者と消費者はどのように関係を深めているのか。ポケットマルシェ代表高橋が47都道府県を回るREIWA 47キャラバンでは、参加者との対話を通じて「生産者と消費者が直接つながり合う世界」の未来を探ります。

下記より参加申し込みの手続きが可能です。https://47caravan-tokyo.peatix.com/…

▼代表 高橋のプロフィール▼

株式会社ポケットマルシェ・代表取締役CEO/『東北食べる通信』創刊編集長/日本食べる通信リーグ代表・1974年、岩手県花巻市生まれ。青山学院大卒。

岩手県議会議員を2期務め、2011年9月巨大防潮堤建設へ異を唱えて岩手県知事選に出馬するも次点で落選し、政界引退。

・その後、NPO法人東北開墾を立ち上げ、世界初の食べ物付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、編集長に就任。翌年、グッドデザイン大賞候補に選出され、決選投票の結果2位に(グッドデザイン金賞受賞)。

・2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設し、同モデルを日本全国、台湾の50地域へ展開。第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞受賞。

・2016年、生産者と消費者を直接つなぐスマホアプリ「ポケットマルシェ」を開始。翌年、日本最高峰ピッチコンテスト「新経済サミット」で優勝。

・2018年、47都道府県を車座行脚する「平成の百姓一揆」を敢行。「関係人口」提唱者として、都市と地方がともに生きる社会を目指す。

・2019年2月14日(木)「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)に出演。

著書『人口減少社会の未来学』『だから、ぼくは農家をスターにする ―「食べる通信」の挑戦』『都市と地方をかきまぜる ―「食べる通信」の奇跡』『共感資本社会を生きる 共感が「お金」になる時代の新しい生き方』

主催会社名: 株式会社ポケットマルシェ

所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2

事業内容:・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営・リアルマルシェの企画・運営・飲食店、小売店への食材卸およびフェアイベントの企画・運営・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営

代表者名: 高橋博之URL:https://www.pocket-marche.com/

コメントする