4月21日東京農サロンを開催します/〜届ける〜野菜を運ぶとまちがつながった!まちの共通言語「こくベジ」奥田大介さん

赤坂見附にある東京農村で、東京農業の繋がりをつくってきた「東京農サロン」
東京農業のこれからをもっとワクワクする場に。東京農業のこれからを一緒に考えるイベントです。  

今回は、国分寺市で地産地消の「こくベジプロジェクト」に携わっている、奥田さんのお話です。〝こくベジ〟とは国分寺の農家さんが生産した農畜産物の愛称で、奥田さんはそのこくベジの配達を仲間とともに行なっています。まちの〝あったらいいな〟という想いから野菜を届けているワケ。配達を通してまちの人と人を〝つなぐ〟喜び。都市農業とともに寄り添う〝大変さ〟そんな、こくベジの配達を通して奥田さんが見ている、農のあるまちの魅力をお聞きします。 

【ゲスト】
奥田 大介(オクダ ダイスケ)さん(NPO法人めぐるまち国分寺監事・こくベジ配送担当/ぶんぶんウォーク実行委員会事務局)
1974年、岩手県釜石市生まれ、東京都板橋区育ち。明治大学商学部卒業。高校在学中に板橋から国分寺にアルバイトで通い始める。その後、市内の新聞販売店に13年勤務。2007年より周辺地域の活動に参加。ぶらぶらマップ、地域媒体アサココ、ぶんぶんウォーク、おたカフェ、こくベジプロジェクト等の立ち上げに関わる。現在はカウンセリングの仕事と併行し、こくベジプロジェクトの配送担当として国分寺の街を走りまわる。 

参加費 : 1000円 / 18時30分〜19時45分までの(予定)トークイベントのみ参加になります。

【スケジュール】
 4月21日(水)
18時30分~ 開会 参加者紹介
18時45分~ 奥田さんの話 『野菜を運ぶとまちがつながった!まちの共通言語「こくベジ」』
19時15分~ 質疑応答
19時45分  終了予定

・主催 株式会社農天気、一般社団法人MURA ・協賛 株式会社シフラ、マイナビ農業、国分寺中村農園、株式会社エマリコくにたち
 

会員の新しいサイトMilsule(ミルスル)

東京農村クラブの会員山根さんが新しいサイトをオープンしました。食に関するプロフェッショナルがレクチャーしてくれるサービスです。ぜひご覧ください

Milsule(ミルスル)サイトはこちらから

Milsule(ミルスル)で「見る」と「する」をもっと身近に。学校や教室にいくほどではないけれど、ちょっと興味があってやってみたいこと、ありませんか?Milsule(ミルスル)ではそんな気になるあれこれを選りすぐりました。しかも教えてくれるのはその道の一流のプロばかり。価値ある内容の動画を見ながらいつでも学べます。しかも、やりたくなったら、こだわりの商品もすぐ買える!自分で探して揃える必要もありません。そんなオンラインとリアルが融合したサービス、それがミルスルです。

3月18日発行『キッチン・インフォマティクス』の表紙撮影に使われました

Root Kitchenで表紙写真を撮影いただいた書籍が発行されます。
https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274226564/

———————————-
キッチン・インフォマティクス-料理を支える自然言語処理と画像処理-
原島 純、橋本 敦史 共著
ISBN:978-4-274-22656-4
A5判・264頁(1C、一部フルカラー)
2,970円 (本体2,700円+税)

発売日:2021/03/18
発行元:オーム社
———————————-

レシピや画像をどのようにコンピュータで扱えばいいのかというテーマのようです。料理の世界もコンピュータを活用する場面がどんどん増えているのですね。

REIWA 47キャラバン#47 東京千秋楽

3月13日(土曜)に東京農村1FSCOPと5FRootキッチンにてREIWA 47キャラバン#47 東京千秋楽が行われます。

▼REIWA 47キャラバンとは▼ 

東日本大震災の現場で目にした「生産者と消費者のつながり」を日本中に広げるべく、CtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」を立ち上げた高橋。Withコロナ時代が到来し、3.11から10年が経とうとしている今、生産者と消費者はどのように関係を深めているのか。ポケットマルシェ代表高橋が47都道府県を回るREIWA 47キャラバンでは、参加者との対話を通じて「生産者と消費者が直接つながり合う世界」の未来を探ります。

下記より参加申し込みの手続きが可能です。https://47caravan-tokyo.peatix.com/…

▼代表 高橋のプロフィール▼

株式会社ポケットマルシェ・代表取締役CEO/『東北食べる通信』創刊編集長/日本食べる通信リーグ代表・1974年、岩手県花巻市生まれ。青山学院大卒。

岩手県議会議員を2期務め、2011年9月巨大防潮堤建設へ異を唱えて岩手県知事選に出馬するも次点で落選し、政界引退。

・その後、NPO法人東北開墾を立ち上げ、世界初の食べ物付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、編集長に就任。翌年、グッドデザイン大賞候補に選出され、決選投票の結果2位に(グッドデザイン金賞受賞)。

・2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設し、同モデルを日本全国、台湾の50地域へ展開。第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞受賞。

・2016年、生産者と消費者を直接つなぐスマホアプリ「ポケットマルシェ」を開始。翌年、日本最高峰ピッチコンテスト「新経済サミット」で優勝。

・2018年、47都道府県を車座行脚する「平成の百姓一揆」を敢行。「関係人口」提唱者として、都市と地方がともに生きる社会を目指す。

・2019年2月14日(木)「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)に出演。

著書『人口減少社会の未来学』『だから、ぼくは農家をスターにする ―「食べる通信」の挑戦』『都市と地方をかきまぜる ―「食べる通信」の奇跡』『共感資本社会を生きる 共感が「お金」になる時代の新しい生き方』

主催会社名: 株式会社ポケットマルシェ

所在地: 岩手県花巻市藤沢町446-2

事業内容:・生産者と消費者を直接繋ぐCtoCプラットフォーム「ポケットマルシェ」の企画・開発・運営・リアルマルシェの企画・運営・飲食店、小売店への食材卸およびフェアイベントの企画・運営・食べもの付き情報誌「食べる通信(R)」の普及・多地域展開の促進、「東北食べる通信」の企画・運営

代表者名: 高橋博之URL:https://www.pocket-marche.com/